Gear VR開発するよ。視線の方向に進み続ける+コリジョン設定

今回はこれです。

「視線(カメラの傾き)の方向に一定の速度で前進する。」

要は、Gear VRで右向きゃ右方向に進み、

左向きゃ左、上下左右…といった感じです。

実は結構、試行錯誤してやっとできたのですが、

そこら辺の細かいことは次回以降に置いといて、

早速、いってみます。

「Flying」ではじめる。

以下の手順で、

プロジェクトを作成します。

新規プロジェクトFlying

  1. 「Flying」を選択
  2. 「モバイル/タブレット」「スケーラブル名3D・2D」を選択(Gear VR開発の場合)
    ※特になにもなければ「スターターコンテンツ無し」を選んぶ。
  3. 保存場所を設定
  4. 「プロジェクトを作成」

UE4のバージョが8.0以降であれば、C++でなく、ブループリントでもいいみたいなので、今回はブループリントを選択してます。

1. Gear VR プロジェクトの作成

FlyingPawnを編集する

アウトライナFlyingPawnを編集

FlyingPawnを編集-コンパイル

  1. 「アウトライナ」から”FlyingPawn”を探し、ブループリントを編集
  2. 「ビューポート」タブを選ぶ
  3. 「コンポーネント」の”コンポーネントを追加”から、”Sphere Collision”を選ぶ
    ※コリジョンの種類は、なんでもいいと思います。
  4. 「コンポーネント」の作成した”Sphere”(コリジョン)を選んで、”Plane mesh”にあて、”Sphere”(コリジョン)を階層の一番上に配置する。
  5. 「詳細」→”Collision”の”コリジョンプリセット”を”BlockAll”(適当なものを設定)
  6. 「コンポーネント」の”Plane mesh”を削除
  7. 「詳細」→”Camera Setteings”→Use Pawn Control Rotationをオン
  8. コンパイルをクリック

前進する速度などは、ブループリントをイジってください。

”Use Controller Rotation”をオンにする

FlyingPawn-Use Controller Rotation

「アウトライナ」で”FlyingPawn”をみつけ選択し、「詳細」→”Pawn”にある”Controller Rotation Pitch”、”Controller Rotation Yaw”、”Controller Rotation Roll”の3つをオンにする。

以上で、

「視線(カメラの傾き)の方向に一定の速度で前進する。」が、

出来るようになっていると思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す