1日目:出鼻を挫く…。

今年のGWは、友達の結婚式のため秋田に行く予定が、まさかのぎっくり腰…。

気持ちは元気だけど、体が動かない…しかも5日6日に入ってた仕事も延期となり、時間もたっぷり出来たのでもはや勉強をするしかない。

ということで、ふと、なんかブロック崩しの動画があったなと思い、これをやってみるか…。

画質悪いし、できるかどうか不安だけど、今日はこれをやってみます。

腰イタ…。

Pocket
LINEで送る

準備編:Unreal Engineをやる前に其の2

C言語を本で勉強して、Unreal Engineの本をひと通りやり終えたら、Epic Game Japanのロブさんの「ブループリントでエンドレスランナーを作る」をとにかく真似して作ってみました。

作ろうとしているゲームに活かせるモノが多く、かなりタメになる動画です。

まだまだ、完全に理解できたわけではないけど、一度やってみてやってることは感覚的に分かる感じ。

例えるなら、英語をなぁんとなく言ってることは分かるけど、しゃべることは出来ない位の感覚。

ここまでで、やっと初心者のスタートラインに立てたんじゃないかと思ってます。

初心者のスタートラインですから、はじめの一歩を踏む出す手前です。

当然、この後は復習と様々なサイト等を参考に勉強を進めていきます。

Pocket
LINEで送る

準備編:Unreal Engineをやる前に其の1

現在、Unreal Engineを多少触りはじめている段階です。

実は、最初Unityではじめようと本を購入してせっせとやっていたのですが、なんだかそもそもC#(じゃなくてもいいんだけど…)どころかプログラミング自体さっぱり…ということで、Unreal EngineならBulePrintで簡単なんじゃないか…ってことで、本屋へ走り「見てわかるUnreal Engine 4 ブループリント超入門」を立ち読み。

結局そもそものそもそも、C言語だのJavascriptだの多少でも分からないと話になんないんじゃないかということで、学校の図書室に走り、C言語の基礎本を借りヤミクモに読んでみました。

これです。

さらに、通学中などの移動中は「苦しんで覚えるC言語(http://9cguide.appspot.com/)」を観てさらに理解を深めました。

ある程度本を進めたところで、立ち読みしてちんぷんかんぷんだった「見てわかるUnreal Engine 4 ブループリント超入門」を我慢できず購入。

やはり、C言語を勉強した甲斐あって、さっぱりだった立ち読みした時よりなんとかついていける。

そして、次にこちらを購入。

発行日的には前後逆みたいなんだけど、個人的にはBulePrintを先にやっておいた方がいいような気がします。

Unityと違いUnreal Engineは書籍だけでなく、2015年4月末現在情報が圧倒的に少ないので、とにかく手元にある情報だけでもしっかりと理解して次に繋げようと反復したほうがいいでしょう…って、偉そうに言ってるけど、まだまだ実がともなってないですが…。

Pocket
LINEで送る