3Dプリントするよ。其の一-準備編-

告知済みのこちら「Kindle本「フォトグラメトリするよ。(仮)」リリースに向けて。-其の一-」の執筆にあたって、

Psychic VR Labさんに撮影協力をいただきTIMEMACHINEにて、STYLY 3Dスキャナーで撮影させていただきました(表現が間違っていたらご指摘ください!)。

そもそも「フォトグラメトリするなら人物もやらなきゃダメでしょ。」という思いもあった。

なので、本を書くことになる以前から「作品づくりのために自身のリアルスケールの頭部データが欲しいんです。」という話をしていたおーもとくん(@bttf0709)。

だったら、彼に撮影のモデルになってもらってそのデータでリアルスケールで出力しちゃったらどう?ってことで、今回彼に撮影モデルをお願いしたという経緯。

ちなみに、おーもとくんはどんな人かというと…彼のTwitter(@bttf0709)をチェックしてみてください。

そして、もうひとり撮影モデルになってくれたのが、僕の義理の弟。
ポアイ菅沼。

Twitterでも書いたけど、日本でも格闘技の試合やテレビにちょっと出てたので熱心な格闘技ファンなら知ってる人もいるかも?

今は地元!?ハワイに住んでて、子供たちの夏休みを利用して、毎年この時期に日本へやってくる。

ちょうどいいタイミングに帰ってくるうえに、元格闘家で今でも体を鍛えているため筋肉モリモリかつイケメン。

うってつけ。

リアルスケール出力のおーもとくんの方は、あとはもうおまかせするしかないので完成を待つとして、

今回この記事で扱うのはポアイの方。

フォトグラメトリから3Dプリンタで出力するまでを数回にわたって書いていこうかなと。

作業的なことは次回から。

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

Kindle本「フォトグラメトリするよ。(仮)」リリースに向けて。-其の一-

昨日のTwitterでつぶやきましたが、

現在、RealityCaptureを使った書籍(Kindle本)を8月中のリリースに向けて執筆しています。

価格やページ数などはまだ未定ですが、Kindle Unlimited(読み放題)にする予定。

ちなみに、どこかの出版社などから出すわけではなく、ホント個人的にKindleのみのリリースとなるので、基本文字ベースで解説(補足的)に画像が入るといったカタチになります。
ですので、できるだけ使いやすいように読みやすいように作っていきます。

内容は、広域から小物までのフォトグラメトリの解説を軸に、RealityCaptureでの使い方やコツなど。
ありがたいことに現時点で、すでにたくさんの方(企業様含む)にご協力をいただいていて、もう後には引けないので最善を尽くして良い内容にしたいと思います。

また、自分はどちらかというとCG・映像側なので、現場で使えるような部分も盛り込んでいきたいと考えています。

現状でのザッとした内容は以下のような感じです。

  • RealityCaptureの使い方が軸
  • 全周(360度)フォトグラメトリ(石や木などにする予定)
  • 人物全身スキャン(ボーン入れる流れまで)
  • 広域フォトグラメトリ(ドローンを使ったフォトグラメトリからローポリ化まで)
  • 点群の活用(これは掲載するかまだ未定)

具体的なサンプルとしては、こんな感じでフォトグラメトリからローポリにするフローとかですかね。

 

あとは、個人的にはレーザー+写真が最強かなと思っているのでぜひ事例を載せたいのですが、レーザースキャナーがどうにも手に入らない(レンタルが高い…どなたか、個人所有されていてご協力いただける方がいればいいな、なんて…。)ので、これはおそらく…ナシかなと。

もうひとつは、insta360proでのフォトグラメトリも考えています…が、実は先日insta360proで少し試してみたところ…うーんという部分もあり、こちらは検討中。

それと、本とは別で動いているのが、人物をフォトグラメトリしてリアルスケールで3Dプリンタで出力して作っちゃおうって計画も進んでいます。
これは結構楽しみ。

一先ずは、リリースまでにブログやTwitterでネタを小出しにしていこうと思うので、チェックしてください!

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

点群(Point Cloud)を編集するよ。-シーン作成編-

さぁ、

最終回です。

まずは、早速今回作った動画を。

…と、まぁ、ユニティちゃんとグレイマンを点群に、それと前回「点群(Point Cloud)を編集するよ。-カラー編集編-」で使った点群を使って、点群だけのシーンをUE4でレンダリングしました。

実は、この記事に割く時間があまりなかったので、あーすればよかったこーすればよかったはありますが…とりあえず記事をあげます。

それと、奥さんから言われたんだけど、この使い方規約的に大丈夫だよね⁉︎

大丈夫と信じて…。

では、いってみましょう。

続きを読む 点群(Point Cloud)を編集するよ。-シーン作成編-

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

点群(Point Cloud)を編集するよ。-カラー編集編-

結局は、

頂点カラーをどうにかこうにかすればいいワケで、

前回「点群(Point Cloud)を編集するよ。-作成したモデルを点群表示編-」と、

あまり変わらないけど、

今回は、次回のシーンを作るテストもあってとりあえず作ってみたので…記事にしときます。

と、その前に、タイトルの「点群(Point Cloud)を編集するよ。」って、

なんか違くない?と思ったんだけど…ま、いっか。

と、言うことで、

今回は点群のカラー(色味)を変えてみようと思います。

続きを読む 点群(Point Cloud)を編集するよ。-カラー編集編-

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

点群(Point Cloud)を編集するよ。-作成したモデルを点群表示編-

ここ最近、UE4&Unityの点群表示とReality Capture関係の記事へのアクセスが多く、

ニーズもあるかなと思い、

前々から試そうと思っていたことを検証してみたので、3回にわたって書いていきたいと思います。

基本的には、以下の3つの点群に関する記事になります。

  1. (DCCツールで)作成したモデルを点群表示する編
  2. 点群の色味を変える&修正する編
  3. 点群のシーンを作る編

では、いきます。

続きを読む 点群(Point Cloud)を編集するよ。-作成したモデルを点群表示編-

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

Nvilでリトポするよ。-準備編-

さて、Twitterでもチラッとつぶやいたけど、

NvilをSteamで購入しました。

この記事のタイトルが「準備編」ってなってるけど、

購入の経緯と、実際にリトポするまでを今回はとりあえず。

続きを読む Nvilでリトポするよ。-準備編-

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

Reality Captureでフォトグラメトリするよ。 其の一 -木をスキャン-

春頃からかな。

仕事で3Dスキャンをする機会が増えてきたんだけど、

EinScan、Reality Capture、PhotoScan(実際に自分はさわってない)など、

試してきました。

そこで、

お盆に白馬へ旅行へ行った際、

まさかの天気予報は曇り…そして、雨…。

2日目のBBQ、なんとか雨は降らなかったものの曇り空…。

ちょうどBBQスペースの横に木が…。

寄りの画像しかなかったんだけど、これ↓

そしてちょうど、カメラ教室に通いだしたところで、

一眼のカメラが手元に…。

時間もあるので、サクッとスキャン用に写真撮っておくかと、

スキャン用に写真をパシャパシャと。

んで、できた3Dデータがこちら。

続きを読む Reality Captureでフォトグラメトリするよ。 其の一 -木をスキャン-

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る